メイン インテリアまだ1899年の織機と230年間受け継がれている方法を使用しているウール紡績工

まだ1899年の織機と230年間受け継がれている方法を使用しているウール紡績工

  • 生きている国宝

Toby Tottleは、英国本土で唯一現存する羊毛工場での伝統的な繊維生産プロセスを採用しています。 キルスティン・ゴートの肖像。

ノッカンドウールミルは、アバディーンシャイアのアバーロール近くのスペイ川の上の遠隔地に長寿を負っています。 英国本土で唯一残っている地区の羊毛工場は230年以上織物を生産しており、2016年にクラフトフェローとしてここに来たToby Tottleは、数世代にわたって受け継がれてきたスキルを学びました。

彼はここで、1870年に作られた紡績用のラバで写真を撮っています。これは最も古く、紡績用のラバを紡いで紡績することで、羊毛のゆるい「ロービング」を糸に変えます。 「トリックは、織機で糸がきれいに滑らかに抜けるように、適切な円錐形にすることです」とトトル氏は説明します。

ラバの回転は素晴らしい運動です! トビーは「ラバのゲートで」11, 000歩歩き、ラバの往復に沿って糸を紡いだ。 それは約5マイルです! pic.twitter.com/82uIASP3ic

— Knockando Woolmill(@knockandomill)2018年1月22日

この工場では、ビクトリア朝のカーディングセットで磨いたフリースのカーディングから、毛布の織り方やシャトル織機でのキルティングまで、繊維生産の伝統的なプロセス全体を採用しています。 Tottle氏は、ここで育てられた植物を使っていくつかの染色を行いますが、これは現在、ほとんどがオフサイトで行われ、織布を「上げる」(仕上げる)こともあります。

新しいジャンパーの最初の外出! はい、プロポーションとサイズは少しずれていますが、自分の服を作ることについて100のレッスンを学びました! 羊の毛を刈った後のすべてのプロセスは、手工具で行ったと自負しています。 #編み物#ウール#紡績#手作りpic.twitter.com/tcQZTWvpMm

— Toby Tottle(@tobytottle)2018年7月16日

19世紀に再構成されたミルコンプレックスには、機械を動かす水車、18世紀のコテージ(現在は博物館)、製粉所(現在はオフィス/デザインスタジオ)、オリジナルショップ、カフェに改装された小屋があります。そして買い物。 2012年に一般公開されました。

2000年に設立されたKnockando Woolmill Trustは、Aリストの建物と一部の機械を修復し、現在、サイト全体を維持し、1899年のDobcross織機を修理し、Tottle氏が彼のスキルを伝えることができる別のクラフトフェローを引き受けるために募金活動を行っています。

Knockando Woolmillの詳細については www.kwc.co.uk をご覧ください。


カテゴリ:
生物発光:アングルシーからニュージーランドまで、この信じられないほど自然なディスプレイを見に行く場所
この春を少し甘やかすための4つの高級スパ