メイン ルバーブ:春のピンクの約束

ルバーブ:春のピンクの約束

クレジット:Alamy Stock Photo

マーク・ディアコノは、自家製のルバーブの美徳を称賛し、作物を最大限に活用する方法を明らかにします。

一部の人にとっては、スノードロップです。 他の人のために、野生ニンニク。 私にとっては、最初の口いっぱいのルバーブで春へのコーナーが本当に変わったと思います。 強制ルバーブの鮮やかなピンク色は、夜明けの合唱の復活と日数の延長により、冬の居眠りから引き離されたようです。

ルバーブは、2つの非常に明確な収穫物を提供します。夏から初秋にかけての酸っぱい茎と、晩冬から春にかけて元気を出すこれらの淡い鮮やかなピンクの茎です。 どちらも欠かせません。 後者は当然のことながら高価です。休眠冠を持ち上げ、室内を暗く暖かくし、柔らかくて甘い生産性に導き、ろうそくの光で収穫するプロセスは、専門的で費用のかかるビジネスです。 ただし、自分の庭で簡単に複製できます。

光を排除して微気候を作り出すセラミックフォーサーは広く利用できますが、大きな植木鉢と上向きのゴミ箱を使用して大きな効果が得られました。アイデアは、植物が春の終わりだと思わせる暖かい環境を作り出すことです。 光がないため、光合成が妨げられます。 その代わりに、植物は独自の澱粉を使用して成長を促進し、その結果、澱粉が砂糖に変換される際の特徴的な淡白で鮮やかな茎とその特徴的な甘味をもたらします。 フォーサーのベースの周りに堆積した肥料は温度を上げ、物事を加速します。

私はルバーブ植物の約4分の1を4年間のローテーションで無理やり、頻繁に早期の使用に追い込まれないようにします。 初期の強制茎を選んだら、その年の残りの間回復させました。

ルバーブはほとんどの条件で生き残りますが、排水性の良い保湿性の土壌で完全な太陽または部分的な日陰を与え、生産性が高く、健康的で最高に見えます。 それらを王冠(植物の休眠中核)または鉢植えの植物として植え、それらを32インチ離し、王冠の頂部が土壌表面のちょうど1インチ下にあります。 あなたの手に座って、彼らが選ぶ前に確立するために一年を許可します。

多様性の選択は、フレーバーとそれを楽しむときに重要です。 私は長く安定した収穫が好きなので、ピーク生産性が重複する品種を育てています。 最初は、2月から素晴らしい、信頼できる初期プロデューサーであるTimperley Earlyです。 プリンスアルバートは素晴らしい風味を持ち、シーズンの早い時期に真っ赤な茎を作ります。 続いてストックブリッジアローがあります。これは、非常に長いシーズンにわたって長く太く、深紅の茎を大量に生産する、現代の素晴らしいヨークシャー品種です。

夏には、ビクトリアは遅く目覚め、5月から8月まで長く安定した収穫をもたらす古典的な遺産です。 また最近、Sid 51を追加しました。Sid51は、秋までよく生産される素晴らしい新しい品種です。

収穫方法は、植物の美しさと活力に不可欠です。 クラウンの近くでステムを低く握り、引っ張るときにねじることでピックします。これにより、傷が切れたり切れたりすることなく茎が分離され、ベースが腐敗する可能性があります。 いつでも各工場で準備ができているものの3分の1だけを取り、生産性が低下するので停止します。 シュウ酸が多く、食べられないので、収穫した茎から緑の葉を取り除き、堆肥にします。

おなじみのルバーブに加えて、ヒマラヤルバーブ( Rheum australe )を栽培しています。 それは非常に印象的ないとこであり、幅が広く、背が高く、太くて太い茎があります。 ヒマラヤのルバーブの風味は素晴らしいです。おなじみのルバーブよりもリンゴの調理に少し近いですが、私はその見た目が好きなので少し選ぶ傾向があります。 春の半ばまでに、すでに大きな葉の塊を確立し、花の茎を空に向かって送り始めています。 これらの印象的な茎は、わずか1週間で16フィート以上に達することがあります。

通常、ルバーブで見た瞬間に花の茎を削除することをお勧めします-それらは植物のエネルギーの一部と生産性を低下させます-しかし、これらは見逃すにはあまりにも素晴らしいです。

花は印象的な植物ルバーブが何であるかを思い出させます、その収穫のためにその外観のための場所に値するように。 最良の状態を保つために、延長された夏の乾燥期間を通して各冠の周りに水をかけますが、冬の終わりには堆肥で冠の周りを覆います。これにより、植物に栄養が与えられます。

マーク・ディアコノは、デボンのカワウソ農場(www.otterfarm.co.uk)で、通常のものも珍しいものも含めて、食用を育てています。


カテゴリ:
私の好きな絵:ジャクリーン・ウィルソン
オランジェリーはキッチンに最適な場所でしょうか?