メイン インテリアネオンサインメーカー:「ピカデリーサーカスはベガスへの答えでした-今ではすべてピクセル化された画面です」

ネオンサインメーカー:「ピカデリーサーカスはベガスへの答えでした-今ではすべてピクセル化された画面です」

www.godsownjunkyard.co.ukのマーカス・ブレイシー。 リチャード・キャノン撮影©Country Life Picture Libraryクレジット:www.godsownjunkyard.co.ukのマーカス・ブレイシー。 リチャード・キャノン撮影©Country Life Picture Library
  • 生きている国宝

今週の生きている国宝はマーカス・ブレイシーであり、私たちの街を照らすネオンサインの背後にいる男です。

「ここに来るたびに、それは私の心を吹き飛ばします」と、ロンドン東部のウォルサムストウにある彼のネオンエンポリアムであるGods Own Junkyardに近づくと、Marcus Braceyは認めます。

「あなたは古い灰色の工業団地の中を歩き、青いドアを開けてパウチします。中身はあなたに顔をぶつけます。」

www.godsownjunkyard.co.ukのマーカス・ブレイシー。 リチャード・キャノン撮影©Country Life Picture Library

ブレイシー氏は第3世代のネオンアーティストであり、その祖父であるディックは、ブルーワーストリートのレイモンドのレビューバー、バーイタリア、ジョジョの夫人を含むナイトスポットでのソーホーの最も象徴的な兆候のいくつかを担当しました。

「当時、ピカデリーサーカスはベガスに対する私たちの答えでした」と彼は思い出します。 「今、それはすべてピクセル化されたスクリーンです。」

ブレイシー氏の父クリスは、1970年代に家業に加わりました。「彼はソーホーの看板の99%を行い、「ネオンマン」と「グローの達人」として知られていました。」

www.godsownjunkyard.co.ukのマーカス・ブレイシー。 リチャード・キャノン撮影©Country Life Picture Library

ブレイシー氏は19歳で父親のために働き始め、ビジネスの発展を見てきました。 「ネオンは人生の怪しげな側面の光源として始まりましたが、現在は現代のアートメディアです」と彼は楽しませ、彼のコミッションの約70%がアート作品であると付け加えました。

「私は絶えずアップサイクリングしています。クラブが閉鎖され、標識が取り外されると、誰かの家に別の人生が流れます。」

www.godsownjunkyard.co.ukのマーカス・ブレイシー。 リチャード・キャノン撮影©Country Life Picture Library

ウォルサムストウの現場では、約40人のスタッフがすべてを行っています。 「噴霧器、金属加工業者、ガラス工場、技術者、グラフィックデザイナーなど、すべての作品にいくつかの異なる取引があります」と彼は説明します。

「神への訪問者は、ビアガーデンでコーヒーやドリンクを楽しむことができます。 この素晴らしいネオナルニアを作成しました。」

詳細については、www.godsownjunkyard.co.ukをご覧ください。


カテゴリ:
サンタにクリスマスコテージをお願いするのは遅すぎますか?
今年の春にブルーベルを見る場所