メイン 建築カントリーマウスはマス釣りに行く

カントリーマウスはマス釣りに行く

魅力的なマス。

栗の脇腹の牛は浅瀬に笑い、頭をうなずいてハエを動かし続け、エキゾチックな緑のドラゴンフライと渦巻く青いイトトンボは、昆虫の生活の偉大なコンベヤーベルトであるリバーテストとして、水の縁を狩りました、過去にストリーミング。 カワセミがマッチのストライキのように過去にフラッシュし、なくなっていました。

私は、地球上で最も希少な生態系の1つであるチョークストリームと一緒にいましたが、その80%は英国でしか見つかりませんでした。 私は釣りにそこにいましたが、半時間、水っぽい完璧さ、自然のアートギャラリーを見ました。 その上と上に見えました。 エメラルドの雑草が流れに揺れ、パッチの間に、太い金色のマスが次の昆虫が大河によって提示されるのを待っていました。

マスは、おそらく季節に物を食べることの最大の指数です。 4月が5月、6月になると、サンザシフライからメイフライ、オリーブへと大きく進化しますが、マスは相反する餌であり、メニューの選択肢も1時間ごとに変わる可能性があります。 ハッチを人工ハエに合わせることができなかったのは、かなりずんぐりしたブラウンセッジを試してみることでした。これはその日のマス料理でした。 突然、私は釣りではなく、釣っていました。

カテゴリ:
好奇心の強い質問:ニンジンは本当に暗闇で見るのに役立ちますか?
ライムレジスの古代の町で、上記のカットを目指す新しい開発